九州大学箱崎キャンパス近代建築物群


やつしろ全国花火競技大会で独りエキサイトした翌日は、解体予定の九州大学箱崎キャンパス近代建築物へ・・・

説明会の先着100名からは漏れた為、まったり見学となりましたが、資料はきちんと頂けたので今回はそちらを参考に記事を書いていきます。


e0344496_03180370.jpg

最初に訪れたのは1927年に建設された応用物質科学機能教室。

1944年に施された空襲回避の偽装塗料によって外壁は所々黒ずんでいます。




e0344496_03234557.jpg

e0344496_03365026.jpg

印象的な窓たち・・・洒落てます。

e0344496_03380941.jpg
e0344496_03385673.jpg
e0344496_03390302.jpg

しかし内部公開が玄関ホールまでというのが残念・・・

廊下から部屋を覗き見る感じで良いのでもう少し広範囲で公開して欲しかった。

e0344496_03490554.jpg

まぁ・・・外観は撮り放題ですけど。

e0344496_03500674.jpg

内部公開の範囲が狭いので、外観の方が撮り応えがあったり・・・

e0344496_03513225.jpg
e0344496_04013513.jpg

時折垣間見える廃チックな瞬間。

(消し去れない廃墟ハンター目線)

e0344496_03535446.jpg

e0344496_03533861.jpg

ボイラー(?)横の空間・・・扉の目の前が浸水しているのは何の意味があるのか・・・

e0344496_04064885.jpg

応用物質科学機能教室の裏手にはこんな建物も・・・

e0344496_04091843.jpg

e0344496_04103925.jpg

箱崎キャンパス跡地は住居系用途地域に指定されているので、見学コースに含まれていないこちらも解体されてしまうんですかね・・・

地震大国であるが故、耐久性・安全性の問題がありますし、そう軽々しい発言は出来ませんが、貴重な近代遺産を壊して住居だなんてと思ってしまいます。

e0344496_04232966.jpg
e0344496_04233923.jpg
e0344496_04234662.jpg

こちらとかかなり好みなんですが・・・完全廃墟だったら即突撃です。

e0344496_04254794.jpg


見学コースに戻って、こちらは1927年に建設された旧文学部心理学教室。

一説では心理学の佐久間教授の希望により、ドイツの大学にある心理学研究室を模して建設されたと言われています。

e0344496_04255404.jpg

同じく内部は玄関ホールまでですが・・・

e0344496_04365244.jpg

そして施設内で一際目を引く、1925年に建設された旧応力研生産研本館。

e0344496_04421345.jpg
e0344496_04491031.jpg

丸みを帯びた外壁のモールディング、控えめに刻まれた天井の装飾が美しい。

e0344496_04530026.jpg

こんな所まで洒落てやがる・・・

e0344496_04562157.jpg

ステンドグラスが施された窓からは優しい光が射し込む。

e0344496_04575627.jpg
e0344496_04581586.jpg

教室内部には何も無さそうですが・・・

e0344496_05011007.jpg
e0344496_05011909.jpg


同じく玄関ホールまでしか見れませんが、こちらは内部も中々の見応えです。

e0344496_05021767.jpg

しかし階段・・・上りたい・・・

e0344496_05032101.jpg
e0344496_05032982.jpg

勿論、きちんと管理されているので真面目に見学範囲で我慢するのみですが・・・

e0344496_05062424.jpg
e0344496_05064325.jpg
e0344496_05065324.jpg

半端無く魅力的・・・蔦に覆われた階段が誘惑します。

e0344496_05081337.jpg
e0344496_05082200.jpg
e0344496_05083958.jpg
e0344496_05084850.jpg

建物裏側はやはり放置されがちですね・・・素敵です。

e0344496_05093649.jpg

溢れ出そうになる探求心を「これは廃墟じゃない・・・管理物件だ・・・国のものだ・・・」と心の中で唱えながら撮影。

そしてしれりと写り込む、移転理由の一つである飛行機。

e0344496_05135482.jpg

最後の建物に出向く中、1928に建設された松浜厚生施設もちょこっと撮影。

こういったお家が欲しい(*´ω`*)

e0344496_05173902.jpg

そして最後に見学した第三学生集会所。

1937年に建設され、つい最近まで利用されていた純和風建築物。

e0344496_05210347.jpg
e0344496_05212739.jpg
e0344496_05214170.jpg

e0344496_05314994.jpg
e0344496_05315987.jpg

今までとは違って多少広い範囲で見学出来ましたが、やはり気になる所は見れず・・・


内部の公開範囲が狭過ぎて消化不良ではありますが、廃的な部分もあって思っていたより楽しめました。

ただ夕方から仕事だった事もあって、あまりゆっくり出来なかったのが心残り。

まぁ、私はいいとしても同行下さった方を振り回してしまったかなと申し訳なく思います・・・運転して頂いたお陰でナビに集中出来た為、迷う事無く辿り着けたので、仕事にも無事に間に合って私としては大変助かりましたが(^^;


何はともあれ、貴重なツアーを企画して下さった九州大学に感謝。

我儘ではありますが、解体ではなく保存を・・・と、強く願います。



撮影機材
・Canon EOS Kiss X4
・Canon EF8-15mm F4L Fisheye USM


Commented by travel2013 at 2015-10-27 20:27
こんばんは
廃墟ハンターさん

九州大学箱崎キャンパス近代建築物群いいですね!
映画とかのロケ現場にできそうですね。そういう方向からでも保存出来ればいいですが……解体されるのは残念です。

しかし、廃墟ハンターさんのレンズを通すとどうしても廃墟チックに写りますね(瞳輝)

う~ん……消し去れてないですね廃墟ハンター目線(苦笑)
さすが廃墟ハンターです!
Commented by photresbienne at 2015-10-30 05:27
> だびんちゅさん

保存に関しては難しい問題なので好き勝手な発言は出来ないのですが、ここまで由緒ある建築物だと本当に解体されるのが惜しいですね・・・

言ってしまえば廃校にはなるのでしょうけどねぇ・・・
いや、しかしどうしても不健全な目線になってしまうのでいけませんね。
ちょっと帰宅後は反省しましたよ、ちょっとだけですけど(笑)
by photresbienne | 2015-10-27 05:53 | 建物/雑貨/乗物/食物 | Comments(2)