豆田の町並み~日本丸館~ -NEGATIVE WORLD-


2017年4月21日撮影。

e0344496_21122340.jpg
e0344496_21124214.jpg

数年振りの日本丸館へ・・・今回はこちらが一番のお目当てでした。




e0344496_21190507.jpg


日本丸館は、江戸末期の安政2年(1855年)創業。
薬種屋“伏見屋岩屋古雲堂”を開業、また“伏見屋百貨店”を営業していました。

日本丸館の名称は、明治20年(1887年)に販売を開始した心臓と熱冷まし等の特効薬“日本丸”からきています。

その特効薬“日本丸”は兎に角何にでも効いたという効能性とユニークな宣伝方法で爆発的に売れ、日本のみならずハワイ・ブラジルなど海外まで販路を広げます。
これにより、昭和18年(1943年)には零戦一機を寄付する程、膨大な富を築きました。

しかし原料の仕入れが困難となり、昭和40年代に“日本丸”は製造中止。
その後も薬販売は続けていましたが、平成3年(1991年)に発生した大型台風19号に因り大損害を受けた事で修復する運びとなり、この機会に資料館“日本丸館”をオープンしました。

e0344496_21520261.jpg
e0344496_21521004.jpg

木造四層三階建ての建物は、江戸末期から昭和初期にかけて増改築されており、まるで迷路のような間取りになっています。

1階の受付から入って直ぐの所には、歴史を感じさせるお台所。

(勿論こちらは撮影OK・・・有難いですね)

e0344496_22172733.jpg


2階には日本丸を始めとする貴重なものが展示されています。

e0344496_22394225.jpg
e0344496_22395757.jpg
e0344496_22402670.jpg
e0344496_22404101.jpg
e0344496_22405724.jpg
e0344496_22420207.jpg
e0344496_22422359.jpg

2度目ましてな見学ですが、こちらで初めて目にするものが殆どなので、とても新鮮な心持ちで隅々まで拝見。

e0344496_22460341.jpg
e0344496_22461619.jpg
e0344496_22470551.jpg
e0344496_22471847.jpg

やはり百味箪笥に心惹かれます・・広いお家に引っ越したら入手したい(*´Д`)

e0344496_22510700.jpg
e0344496_22511938.jpg
e0344496_22512896.jpg
e0344496_22513836.jpg

あぁ、天秤も素敵です・・・こうやって日本丸は作られたのですねぇ。

e0344496_22534834.jpg

そして3階。

1枚しか撮っていない写真では伝わりませんが、こちらの箪笥は角度によって色が変わるのです。

e0344496_23004937.jpg
e0344496_23005886.jpg

どでんと立派な机がお出迎え・・・素敵です。もう語彙力が無さ過ぎて素敵としか言えません←

e0344496_23041089.jpg
e0344496_23042380.jpg

レトロなミシンに、当時使われていたレジスターが・・・!

こちらのレジスターは99円99銭までしか使用できません。
用途は無いけども、お家に飾りたい←

e0344496_23081990.jpg
e0344496_23082670.jpg

数々の調度品に目移りしつつ・・・

e0344496_23142194.jpg

階段を上がると現れる展望楼・・・よく考えたら、もうここは何階なの?状態である。
先程の2、3階という認識が間違っているかもしれない・・・いや、此処は屋根裏部屋的な感じかな?

豆田を一望した後、階段を下りて3階(?)に戻り、更に奥へ進むと・・・

e0344496_23425360.jpg
e0344496_23433822.jpg


一本通し杉の鴨居と、一本通し松の廊下、そして立派な広間が現れました。

e0344496_23485125.jpg
e0344496_23470419.jpg
e0344496_23495843.jpg
e0344496_23511165.jpg

更に奥へ進む・・・

e0344496_23532245.jpg
e0344496_23535236.jpg

美しい庭園が一望できます。

e0344496_23550337.jpg

一番奥の広間には端午の節句のお道具が沢山展示されていました。

e0344496_00010131.jpg
e0344496_00010603.jpg

100マクロを中望遠レンズ代わりにして撮影。


平日だった事もあって、この時は他の見学者が居らず、ゆっくりじっくり拝見する事が出来ました。

春(2/15~5月)・秋(9月~11月)に一般公開されますので、日田へ足を運ぶ機会があれば是非とも伺って頂きたい資料館です。



・Canon EOS-1V
・Canon EF8-15mm F4L Fisheye USM
・Canon EF17-40mm F4L USM
・Canon EF50mm F1.4 USM
・FUJIFILM SUPERIA X-TRA400



にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ

by photresbienne | 2017-05-19 00:11 | 建物/雑貨/乗物/食物 | Comments(0)