カテゴリ:鹿児島県の廃墟( 13 )


先月、6年振りに布計小学校へ伺いました。

e0344496_22394176.jpg
e0344496_22395118.jpg
e0344496_22421336.jpg


少し木々が色付いています。


More
by photresbienne | 2016-12-09 00:34 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(2)

e0344496_13583544.jpg

今回はモザイク加工を施さねばならん、比較的マイナーな物件を捜査してきました。


More
by photresbienne | 2016-03-08 15:30 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(4)

海上の廃洋館


天狗鼻海軍望楼台へ行く筈が、倒木と落石で進めず・・・

「いいもん!串木野でマグロ食べるもん!!メタボるもん!!!」と不貞腐れて車を走らせていると見覚えのある建物を発見。


・・・とは言っても遠景写真はうっかり撮影するのを忘れてしまいましたが←


しっかりとした門が設けられていたのでガードレールを乗り越え、倒木などで荒れ果てた道を抜けて建物へ接近。

e0344496_13541479.jpg


あらまぁ、大きな入口です事。


More
by photresbienne | 2015-09-19 10:38 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(2)

大浦マリンパーク跡地


昨日は何となく南さつまへ来てしまったので、解体されたと知りながらも何となく訪問。

e0344496_15552538.jpg

一応入ってみたものの、やはり更地状態・・・


More
by photresbienne | 2015-09-13 16:10 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(2)

霧島ホテル廃寮群


数年前に覗き見した位で済ませていたホテルの廃寮群。

やはり内部がどうしても気になるので、今年4月に意を決して再捜査へ・・・


e0344496_03492318.jpg

先ずはこちらの木造2階建ての建物から・・・

e0344496_03512043.jpg

e0344496_03512794.jpg

e0344496_03513459.jpg


車通りが多く、ちょこっと捜査し難い環境ではありますが、物怖じせずに突入です。


More
by photresbienne | 2015-08-19 05:29 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(0)

天狗鼻海軍望楼台


2010年10月訪問。


1900年に建設された望楼台は、日露戦争時には海軍が常駐し、ロシアのバルチック艦隊の北上を監視していました。

e0344496_23211060.jpg


離合出来ぬ崖っぷちの道を走り、ここからは車を停めて徒歩で向かいます。


More
by photresbienne | 2015-07-15 23:34 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(2)

布計小学校(改修後)


2010年6月訪問。


1979年閉校。

2009年までは当時の木造校舎が残されていましたが、現在は縮小保存工事されています。

e0344496_23190762.jpg

小さく綺麗になっちゃって、まぁ・・・


More
by photresbienne | 2015-07-14 23:35 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(0)

宮之城線


2010年5月訪問。


1987年に廃止された宮之城線・・・

廃色の薄さと同じ光景が続く事に途中で嫌気がさしてしまった為、かなり淡々と紹介していきますが御了承下さいませ(笑)


e0344496_22332482.jpg

先ずは羽月駅。


More
by photresbienne | 2015-07-13 23:28 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(0)

枕崎廃パチンコ店

e0344496_03430382.jpg
e0344496_03431513.jpg

2009年夏。

有名物件である枕崎の廃パチンコ店を訪問。


More
by photresbienne | 2015-07-11 04:13 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(0)

指宿廃温泉

e0344496_03125229.jpg
e0344496_03130268.jpg

2009年夏訪問。

私事ですが、この頃は長年勤めていた会社を退職してフリーダム状態だったので、廃墟へ行きまくっております(笑)


More
by photresbienne | 2015-07-11 03:30 | 鹿児島県の廃墟 | Comments(0)

主に自然風景・花火を愛でる写真愛好家兼、廃墟ハンター。


by 里村 亜季