カテゴリ:大分県の廃墟( 19 )

沈堕発電所 再訪

e0344496_17293213.jpg
e0344496_17293782.jpg

久々に大分県の合法廃墟へ。


More
by photresbienne | 2016-08-28 17:53 | 大分県の廃墟 | Comments(0)
by photresbienne | 2016-05-28 01:53 | 大分県の廃墟 | Comments(0)
e0344496_01470138.jpg
e0344496_01471239.jpg
e0344496_01471715.jpg
e0344496_01472277.jpg


※関連記事※
『豊後森円形機関車庫』



・Canon EOS Kiss 7
・Canon EF28-90mm F4-5.6 Ⅲ
・FUJIFILM Velvia100
・Kenko C-PLフィルター


by photresbienne | 2016-05-28 01:48 | 大分県の廃墟 | Comments(0)

昨年5月に志高ユートピアから志高ロープウェイを捜査して以来、ずっと気になっていたラクテンチ側のリフトとロープウェイ。

どうやってアクセスするのかも解からぬが、一昨年に乙原の滝撮影へ来た際にそれらしき遺構を見た気がするなぁという曖昧な記憶を頼りに、取り敢えずラクテンチへと足を運んでみる(アナログ人間故、先ずは現地へ足を運ぶという面倒臭いスタイル)


・・・で、写真は撮ってないが(←)それらしき遺構がやはりあったので・・・


e0344496_02584709.jpg


怪しい階段を上ってみる。

e0344496_02594112.jpg

落ち葉に埋まってしまってますが、小さな階段が続いてます。


More
by photresbienne | 2016-01-19 05:25 | 大分県の廃墟 | Comments(4)

旧T病院


今年の廃初めは、教えて頂いた廃医院にて。

e0344496_22560470.jpg

到着したのが日暮れだったので、辺りは大分暗くなってしまいました。


More
by photresbienne | 2016-01-17 02:46 | 大分県の廃墟 | Comments(4)

鶴御崎要塞群


丹賀砲塔砲台を訪問した後は鶴御崎灯台へ。

e0344496_02235030.jpg


初訪問の記事にも記載しましたが、灯台の基礎部分は海軍聴測隊の望楼跡になっています。


More
by photresbienne | 2015-12-03 03:57 | 大分県の廃墟 | Comments(2)

丹賀砲塔砲台 再訪


2009年夏以来の訪問。

e0344496_05081422.jpg

地下爆薬庫・・・

この横にある受付からケーブルカーで上っていくのだが、先週訪れた際は故障していたので徒歩で上る必要がある為、入場料は免除。

しかし、運動不足を極めたメタボ故、あの急な階段はちょっと辛かった・・・


More
by photresbienne | 2015-12-02 05:23 | 大分県の廃墟 | Comments(4)

Mロードの廃ホテル


2年程前から廃っぽいと気になっていた看板・・・

大雨ではありましたが、気になったので立ち寄ってみる事に。

e0344496_22325692.jpg

これ系にはよくある入口。


More
by photresbienne | 2015-09-05 22:59 | 大分県の廃墟 | Comments(3)

かつて志高ユートピアとラクテンチを結んでいたリフトとロープウェイ。

1998年に廃止されて以来、山中に放置された状態で残っていました。


e0344496_02364906.jpg

e0344496_02374088.jpg
e0344496_02375690.jpg

こちらは志高ユートピア側のリフト、山麓駅。


More
by photresbienne | 2015-08-19 03:27 | 大分県の廃墟 | Comments(4)

志高ユートピア


今年4月訪問。

2003年に休園(実質閉園)となった志高ユートピア。


e0344496_03495395.jpg

入口ゲートは綺麗さっぱり・・・

e0344496_04124761.jpg

業者の姿は見えませんが、解体工事は行われているのか・・・

どこまで残っているかも解りませんが、取り敢えず奥へ入ってみる事に。


More
by photresbienne | 2015-08-18 06:42 | 大分県の廃墟 | Comments(0)

主に自然風景・花火を愛でる写真愛好家兼、廃墟ハンター。


by 里村 亜季