熊本県在住の写真愛好家。 フィルムカメラで九州各地をまったり撮影しています。


by 亜貴

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
滝/渓流/水源/海
山/田畑/植物

紅葉
花火

建物/雑貨/乗物
お店/食物
伝統芸能/行事
夜景/燈籠/イルミネーション
動物/生物/人物
雑記
戦争遺産/軍事遺産
産業遺産
廃校/廃保育所
廃村/廃屋
廃線/廃索道/廃隧道
宿泊施設の廃墟
レジャー施設/リゾート施設の廃墟
アミューズメント/遊技場の廃墟
廃社宅/廃団地
医療施設の廃墟
その他の廃墟

タグ

記事ランキング

南薩線 -NEGATIVE-


大正3年(1914年)5月開業。
昭和59年(1984年)3月に廃線となった南薩線。
正式名称は鹿児島交通枕崎線で、伊集院駅から枕崎駅を結んでいました。

本当は枕崎から辿りたかったのだけど、ちょっと寄り道していたので、日置にあるほんの一部の遺構しか捜査出来ず・・・

e0344496_10112170.jpg


そんな日置にある永吉川橋梁跡から。




e0344496_10313395.jpg
e0344496_10313976.jpg

立派な橋脚です。
奥の石橋(浜田橋)は大正2年(1913年)に一度流失したそうですが、南薩線開業と同時期に改修されたそう。

周辺は廃線お馴染みのサイクリングロードになっているので、時間は掛かれど自転車があれば楽しく散策出来そう。


e0344496_10455792.jpg

お次は上日置駅。
こちらは大正5年(1916年)7月に開業。
しっかりとホームが残っています。

以下は現地の案内板引用
↓↓
3㎞余り続く急勾配の途中に位置し、蒸気機関車時代には伊集院方面の上り列車の出発に度々支障をきたした。
当初は本線がホーム一面の片側のみを使用する構造であったが、昭和17年(1942年)にスイッチバックによる待機線を設置して旅客ホームが設けられた。
列車行き違いの際には下り列車を発車させることを基本としていたが、駅を出た上り列車が坂を登り切れないことも度々あり、側線まで一旦後退させ勢いをつけて登り返すことがあった。
また昭和17年(1942年)には石造りの給水塔を設置し大田トンネルから1.3km余りに及ぶ送水管を埋設して水源の貧弱な日置駅の給水設備を補った。これにより日置駅の給水設備は戦後まもなく廃止された。
昭和29年(1954年)3月18日に上日置駅を出た上り列車が米軍機の機銃掃射を受け、全速力で大田トンネルに逃げ込んだが人的被害が生じた。
昭和38年(1963年)4月に貨物営業を廃止し昭和46年(1971年)4月に無人駅となったが、駅は荒廃しながらも昭和59年(1984年)3月17日の鉄道最終日まで存続した。駅舎は使用されていなかったが最後まで残っていた。

e0344496_11052119.jpg
e0344496_11055205.jpg
e0344496_11062163.jpg

文中にあった給水塔は今も残っています。

e0344496_11074547.jpg
e0344496_11075362.jpg

内部にあったのは錆びた一斗缶だけでした。

e0344496_11121970.jpg

草で覆われた反対側のホーム。
古びた電柱もいい。

e0344496_11173381.jpg

何の基礎だろうか。

e0344496_11175635.jpg

時間はあまり無いとはいえ、廃線はやはり歩きたくなる・・・折角なので、日置駅方面へ少しだけ進んでみる事に。

e0344496_11190179.jpg
e0344496_11190910.jpg

直ぐに植物に浸食されてきましたけれど・・・

e0344496_11200391.jpg

枕木ー!!
思っていたより早く枕木に出逢えました!!

e0344496_11210212.jpg
e0344496_11212551.jpg

枕木を見てしまったら最後、興奮状態で藪に突っ込みます。

e0344496_11225709.jpg

藪を抜けたら・・・

e0344496_11232685.jpg

突然舗装道路になりました・・・明らかに怪しい右側の細道を進んでみます。

e0344496_11252310.jpg

暫く舗装された細道を進むと、突然砂利道になり・・・枕木が追いやられているのを発見。

e0344496_11250262.jpg

また少し進むと、完全に土砂崩れした様子の道に・・・

e0344496_11270710.jpg

こちらは更に藪が深い。

e0344496_11274209.jpg

と言うか木々が凄い!!良い浸食っぷりだ!!

e0344496_11282451.jpg

もっと進みたかったけれど、辺りが薄暗くなってしまったので断念・・・

2月末でこれ程なので、夏は更に植物が凄まじいだろう。
隧道も見れていないし、冬がきたら再捜査に伺いたい。


・Canon EOS-1N
・Canon EF8-15mm F4L Fisheye USM
・Canon EF17-40mm F4L USM
・Canon EF100mm F2.8 MACRO USM
・FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400



by photresbienne | 2018-04-27 11:32 | 廃線/廃索道/廃隧道 | Comments(0)

※当ブログに掲載している写真に関して、個人で楽しむ範囲であれば保存は大歓迎です。
多大な時間を掛けて心を込めて撮影しております故、無断転載・無断使用はご遠慮下さい※


Twitter
Contact


外部リンク
・            ・
南九州廃景
Local Researcher

フォロー中のブログ

写楽亭夢人日記
andante...
jinsnap (web...
■MAGの写真創庫■
癒しの空間
ゲ ジ デ ジ 通 信
かめらと一緒*
ty4834 四季の写真Ⅱ
まほろば紀行
n e c o f l e x
GreenLife
薫の写心
花々の記憶 
Photo Terrace
和歌山の田舎暮らし
風の吹くまま
トレたびphoto
∞ infinity ∞
jinsnap_2(we...

ブログジャンル

カメラ
九州

検索